JDMorningと告白の行方はTwilioで簡単に作れます

Twilio Advent Calendar 2015の5日目です。

http://qiita.com/advent-calendar/2015/twilio

4日目は@yasuharu519さんの「Twilio で会話中に Twilio に好きな言葉を話させる」でした。

今回はこの前勢いでハッカソンを行い1日で制作した「JDMorning」とTwilioの前身のBoundioからやり続けてる「告白の行方」の中身のお話を書いてみようかと思います。

仕様と実装

それぞれの仕様と実装を書いてみます。ちなみにJDMorningはRailsで告白の行方はPerlのDancerを使っています。

JDMorning

ogpimage

仕様

  • ログインして自分の電話番号を登録(ユーザ情報に保存)
  • 目覚ましの時間として日時を新規登録
  • バッチでその時間になったらTwilioで目覚まし対象ユーザに電話
  • ランダムに録音済みの音声を再生

実装

電話をかける

ランダムに録音済みの音声再生

告白の行方

jidou_kokuhaku-1

仕様

  • ログイン後告白したい相手の電話番号と日時、告白文を登録
  • バッチでその時間になったらTwilioで告白相手の電話番号へ電話
  • 告白文をAPIを使って音声合成。音声ファイルの取得
  • 取得した音声ファイルの再生
  • 最後にプッシュしてもらった告白の結果をDBへ保存

実装

告白相手の電話番号へ電話

取得した音声ファイルの再生と告白結果の保存

解説

見ていただければ分かるかと思いますが、PerlとRubyの違いはあるにしても仕様の段階で

ほとんど一緒wwww

エンジニアから見て同じなものも側だけ変えると別サービスになるんですよね。ちなみにどちらも基本実装は1日でローンチまで持って行きました。こんな感じでTwilioを使えば簡単にそれっぽいサービスが作れます。ぜひみなさんもアイデアを簡単に実装できるTwilioを使って1日でサービスローンチしてみましょう。(使えば使うほどお金が減るのが少し難点ですが。。)ではでは


About the author

Ruby on Rails専門のクラウドソーシング「StartupLabo」を運営する株式会社StartupTechnology代表。 ネタ系Webサービス「シャチクのミカタ」、「告白の行方」なんかも作ってたりしてます。 http://startup-technology.com